あなたに対してお手紙を書いてみました。

どこにいて何をして、誰なのか知りませんがお読みいただければ嬉しい限りです。

わたしたちは、こころのダメージケアを専門に扱っている「痛み屋」と申します。

心の理論
「苦しみや痛み」を受けると、苦しみや痛みの元となる人物や場所を避けるのは生命体の基本的な反応のひとつです。

・ひどい怪我をしたら、そこを避ける
・ひどい扱いを受けたら、その人物を避ける

など

ストレスやダメージ、ショックが心に残り以前より気軽に近づけなくなることを経験したことがあるはずです。
その「苦しみや痛み」からなんとか立ち直ったと思ったとしても以前ほど意欲に満ち満ちたルンルンの乗り気の状態ではないかもしれません。

以下は、心に与えるダメージの度合いです。1、2、3という順番で深刻になっていきます。

1、精神的、肉体的な苦痛の時間

2、喪失感、悲しみの瞬間

3、無意識を含む、肉体的な痛みの瞬間(心に深く深く深く入り込んだ感覚)

精神療法、心理療法、カウンセリング、セラピー、ヒーリングなど、他の療法、癒しは「この」事実を見逃しています。

彼らのターゲットは1番目です。2番目に出会っても正確に処理することはありません。そして、3番目に到達することは無く、そもそも「その存在」にすら気が付いていないでしょう。

それを、わたしたちは「動物の心」と呼んでいます。(意識している心の下に隠された無意識の衝動を持つ心)

動物の心の問題は私たちの援助が無ければけっして取り除けません。

他の療法の分野の人達が見逃しているのも無理はありません。彼らの目的は「心を軽くしてあげる」であり1番目の処理で十分だからです。わたしたちは「ひとはどこまで変われるのか、どこまで向上できるのか」を最終目的にしているところが違いでしょう。

ここでしか解決できない、たった一つのもの「動物の心」あなたは絶対に信じないでしょうが、この一つを解決しないことで人生が負のスパイラルにはまっていきます。(探求心のある治療者がもしこれをご覧であれば、コンタクトしてください)

大胆な、そして重要なこの質問を受け取ってください。

「あなたが死ぬ理由を見つけてください」

「更に、あなたが生存する理由はなんですか?」

この質問は、あなたが死にたいと思っている事実を直接刺激してしまうかもしれません。

しかし、この質問に答えることが出来るなら「そこにある問題」、あなたが「解決したいと望んでいる問題点」を認識するでしょう。

あなたは過去たくさんの努力をしたにもかかわらず解決できなかったので、それが解決できるとは全く考えていないでしょう。
解決しよういう意欲がうせてしまったのでしょう。

《まだ、ピンと来ていない人は、自己診断結果のでる分析テストにお進みください。変わるしかない!あるいは、変わるべきだと気が付く良い機会になるでしょう》

『誰にも、こんなものを処理(解決)できない!』その通り、その通り、誰もそんなものを処理できないでしょう!

あなたの助けなくしては無理です!

そうですよね、共感できますか?

これを最後まで読み切ってくれてありがとう。

あなたに伝えることができてうれしく思っています。

逆に、あなたは私たちに何を伝えてくれますか?