沢山の助けの失敗を経験するとどうなるでしょう?

あなた自身を含めて、身近に精神的 又は 肉体的に「助け」が必要だと思う人がいませんか?

ヘルプとは (助けとは)

・あるものをよりよく改善する、よりよくする。

・コンディションを上げる。

精神的(ストレス、神経痛、引きこもり、あがり症、緊張しすぎ、自信がない・・)

肉体的(つかれやすい、だるい、無気力、やる気が出ない、病気がち・・)

もしそんな人がいたら、助けたい、力になりたいなんて考えませんか?

そして、実行した結果…

誰かの助けようとして、失敗してしまったらどんなことが起こるでしょう。

(気分をよくする、役に立つ、援助をする・・・自分自身を自分で助けることも含まれます)

助けに失敗すると、気分悪いですよね。

気分が悪いのは、基本的にあなたが「善」だからです。

そこで質問です、あなたは今までに誰かを助けようとして、

失敗したことがありませんか?

そして、沢山の助けの失敗を経験するとどうなるでしょう?

追伸

この法則を知ると、「嫉妬」の完全な原因がわかります!

(気が向けば、このこともそのうちに記事にしたいです)