悩み無料相談の罠?

あなたは、いままでにこんな話を聞いたことがありますか?

今日の主題は「エクスチェンジ(交換)とヘルプ(助け)」です。

一番分かりやすい例は、物々交換。

自分が持っている物と相手が持っている物を交換する。

シンプルにして簡単な方法ですが、これにより自分は助かるし相手も助かりますよね。

「相手を助けることで、自分を助けてもらう」と解釈することも出来ることが分かりますか?

働かざる者食うべからず(はたらかざるものくうべからず)は労働に関する慣用句で有名ですが
エクスチェンジ(交換)とヘルプ(助け)の法則を理解していないと、悪用されて危険ですよ~。

だらだらと長く書く気はないので、サクッと要点だけ伝えられればいいかなと・・。

1、交換すべき物を差し出したが・・何も戻ってこない。

  要約すれば、騙された、裏切られたです。

2、交換すべき物を差し出して、明らかに価値の低い物が戻ってきた。

  要約するなら、期待はずれ、がっかりでしょうか・・。

3、交換すべき物を差し出したら、同じ価値を感じる物が戻ってきた。

  これが普通の状態かな。

4、交換すべき物を差し出したら、期待していた以上の物が戻ってきた。

  とても、うれしいですね! ラッキー、やったー て気分かな。

この記事の題名を「悩み無料相談の罠?」としたのは、

上記の4つのどこに当てはまるかによって、相談者、相談受付者の関係が見えてくるからです。

頭の体操になるので、答えを自分で考えてみてね。

「気になって眠れない」などと感じる人がいたら気軽に連絡ください。

じゃ、今日はこんな所でおしまい・・。