今何がしたいかわからない

今何がしたいか分からないけど「性格を変えたい」と思うならもっと悪くなる前に「心理テスト無料診断」 にお進み下さい!

その性格・性質・キャラ・個性・人格・気質・性癖・本性 改善しないとヤバイ!?「あなたが人生でいつも変えたいと望んでいる」深い悩みはなんですか?

テスト結果は専門の担当が個々に説明しています(メールではワンポイント評価をしています)。

いらっしゃいませ。(ここは占いやエゴグラム性格診断ではありません)


あなたは どんな意図を持って ここのWebページを訪れてくれたのでしょうか?この わずかな時間を有効なものにしましょう。

~~ 意図 ~~
単にネットサーフィンをしていて見つけたあそび 暇つぶしを探していた自分をもっと知りたいため改善点を知りたい他の 心理テスト 占いより 踏み込んだ結果を知りたいあるいは 改善の方法を探している自己啓発・自己改善など自己向上の方法を知りたいなどなど。

さてここいらで、本題に入ります。

  • 人生で目標、目的、がハッキリしている人はそれらを達成するために「必死で努力」しています。
  • 人生で目標、目的がハッキリしていない人はまわりに流されがちです「自分の中に沢山の出来ない理由」を持っているのでしょう。
  • 成功者は、さらに上を目指してチャンスをものにしています
  • なまけものは「色々な理由があり・・」結局、時間、チャンスを捨てています。

現在、日本社会の中で人生を送っている人は「努力する人」と「なまけもの」の大きく二つに分かれるかもしれません。(これはあくまでも個人的な主観です 学者先生の主張が好きな人には嫌われるかな)

「幸福な人」とは 人生で目標、目的を達成している人の事を指します。

なんのあてもない簡単な心理テストで時間を潰すのもいいでしょう。占いで一喜一憂するのもいいでしょう。

でも、ここで少しだけ考えを改めてください。

「あなたは、自分の人生をどうしたいのですか?」

ここのテストは社会的な仮面をかぶってきたあなたを「丸裸」 にします。そして、ありのままの「自分自身」を知ることになるでしょう。

出来る人は更に上に上に、なにをやっても上手く行かない人は眺めているだけ。

お金は集まる所にあつまり、おこぼれを期待しても無駄です。

結果を出せる人は「すぐ」結果をだし、ぐずぐずうだうだしている人は結局何もしません。

  • 何をしたいのか目標のある人、何をしたいのか何をすべきなのか分からない人。
  • いい意味で「昔から」変わらない性格、悪い意味で「昔から」変わらない性格。
  • 冒険心や向上心のある人、安定志向やなるようになるさ的な思考・考えを変えられない人。
  • 今何がしたいかわからない、性格を変えたい、性格改善に取り組んでいる、自己啓発に興味がある人。

このままじゃ人生やばい、この気質・性癖じゃひどすぎる。

など変わる必要性を感じている人は、いますぐに悩める現代人に必要な「無料心理テスト」に回答するべきです。

考えたり悩んでいる暇はありません! 今すぐ行動しましょう

今すぐと分かっていても動ける人はあまりいません・・・・あなたはどうですか?
占いやエゴグラム性格診断など他の心理テストでは、解決策・改善策を示してくれません。

管理人に伝えたいこと 言いたいことがある人は遠慮なくお問い合わせして下さい・・・より良い人生へ変わる新思考法!

「あなたが人生でいつも変えたいと望んでいる」深い悩みはなんですか?

↑ 性格・性質・キャラ・個性・人格・気質・性癖・本性 改善しないとヤバイ!

心理テスト結果は「担当者」が個別に説明します(メールではワンポイント評価をしています)。

知られていない潜在能力

・コミュニケーション能力

他の人たちと、真にコミュニケートできる人。

ミュージシャン、歌手、アーティスト、芸術家などの様に

・問題処理能力

問題の本質、出所を正確に見極め完全に処理出来る人。

政治、経済でよく見受けられる光景… 問題を解決すれば解決するほど更なる問題がでてきて状況がどんどん悪化していく様。ようするに、一つの問題を解決したと思ったら、別の問題が持ち上がってくるということ。

・安堵感を保つ能力

「安堵」・・・不安や心配事が解消されて、緊張から解放されること
「動揺」・・・ 精神面で不安定な状態となること。決心などがぐらつくこと。心や気持がゆれうごくこと。 気持ちが落ち着かず不安な状態になること。平静さを失うこと。

人は自分が忌み嫌うものと自分自身を結び付けている… 父親が嫌いで、いつのまにか自分も嫌いな父親の様に振舞っている。他の人から言われたことがいつまでも心に引っかかってふさぎ込んでいる様など

人は家族や人々や状況に関して自分がなぜこれほどまでに動揺して誤解されているのかを決して理解したことはありません。(引きこもり、うつ病、PTSDなど「安堵」できない人など)
人は自分たちの抱えてきたトラブルについて絶え間なく悩みます、そして、悲しい人生を送ります。

・開放された能力、固定した状態から出て、他のことをする能力。

野球、サッカーや専門職で高い能力を発揮していても、他の分野では全く使い物にならないという場合。転職を考えていても結局同じ職種を選んでしまうなど

人間の能力は特定の範囲に限定される傾向があります… 人はある行為に没頭しすぎて他のことをやる際、不器用になってしまいます。

成功
失敗

よくなる
わるくなる

健康
病気

善人
悪人

プラス
マイナス

正しい
間違い

・パワーを扱う能力

人は「パワー」を扱うことが出来ません。それから引き下がるか、それを乱用します。( パワーとは力の事だが、正しくは「能力」「潜在能力」「権力」とかの意味を含む)

これは、権力者や管理者、社長などにみられるかな… パワーを持っている時しばしばそれを使って誤った方向に導いてしまいます。多くの人はパワーに伴う責任から引き下がっているかな

・2つのこころ。思考の能力

考えるこころ(意識していることを意識している心)
反応するこころ(動物の心…彼、彼女のコントロール下に無い「心」、意識している心の下にあり自分では意識できない心のこと)

簡単に説明するなら反応する心はストップをかけます。不安や恐怖、悲しみや失敗、無気力ややる気のなさ、ネガティブ思考の原因です。考える心はポジティブで前向き、陽気な思考です。

・自分自身の持つ障害のマイナス要因からの自由

この質問に答えられる人はいるかな…
どうして、ただそれをやめないんですか?
どうして、それが出来ないのですか?

・人を助けようとする試みにおける能力

その人のために、それらの問題を解決しようとする助け
(医者が薬をだす。親が子供の代わりに何でもしてしまうなど)

自分の問題は自分で解決できるように助ける
(問題、悩みを抱えている本人が自分で問題を解決していけるように手助けするなど)

もし、誰かが仲間を向上させようという意図を持って物事に取り組んでいたとしたら、彼・彼女は成功して行くでしょう。

参考までに… 人はストレスをかけられると自分および環境への意識を大きく減少させ、注意を特定のものに固着させてしまいます。これに伴って様々な問題、他人とのトラブル、病気、および不幸が起こります。

//////////////////////////////////////////

今日は、ただの羅列です。手抜きです。 覚え書きのようなもの・・。タイトルを、あなたの「知られていない能力」の段階としましたが…あなた自身が今の自分のキャパ・心のダメージ具合を知るきっかけになれば…。

問題、悩み、心配事、厄介ごと

誰も社会において、一人でいることはできないでしょう。何かを、成し遂げたいのであれば他の人々の協力は必要になってきます。

そして、人とかかわると色んな「問題、悩み、心配事、厄介ごと」にぶつかります。

今日は、こんなお話から始めましょう!

自分の行く手に悪魔君が陣取っています。(自分の嫌い、苦手なタイプの人)

あなたなら、どうしますか?

考えられる行動は次の5つになります。

  1. 戦う、攻撃する
  2. 避ける、無視してすすもうとする
  3. 迂回路をさがす
  4. 逃げ出す、退散する、引き下がる
  5. 負ける、言いなりになる、配下に下る

長ったらしい説明をするのも面倒なので・・・。 さくっと、回答です!

1番以外は、「しこり」「禍根」を残します。(禍根とは わざわいの起こるもと。) いや~な気持ちが、こころに残るんですよ! しこりを残す ってことです。 そして、じょじょに破滅の原因になっていくんです。

しこりが残る
《読み方》
しこりがのこる
《意味》
物事が片付いた後もすっきりしない、気まずい気分を残すこと
その、こころは・・・
過去、現在、未来において『過去に残っている、いやな気持ちが同じような場面で積み重なるから』です。
積み重なっていくと、トラウマになることもあるでしょう。

『自分が超えることの出来なかった壁は、のちのちもっと大きく感じるんです。』

自分の行く手を阻まれると、ガッカリして落ち込みますよね。

それらが続くと自分に自信をなくしたり、優柔不断になったり、正直でなくなったり 自暴自棄になったりします。

悪魔君を、自分の親にたとえたり、先生にたとえたり、上司にたとえたり、彼女・彼氏にたとえたりするともうすこしハッキリするでしょうか?

人間はいやなことがあると「それとは、一切関わりたくない」と思うことがあります。 そして、「自分には関係ない」「なんとか、たえて乗り切ろう」などという考えがでてきます。

理由はなんであれ、これっていい訳めいていませんか? どうでしょう!?

似たような意味を表す言葉を拾い上げてみました!
かなり沢山ありますよ。

Weblio 辞書 < 類語辞典 < 類語辞典 < 問題の同義語・シソーラス 問題

Weblio 辞書 < 類語辞典 < 類語辞典 < 悩みの同義語・シソーラス 悩み

安心できない原因として残って入る事柄
『心配事 ・ 不安要素 ・ 不安材料 ・ 懸念材料 ・ 問題 ・ 弱点 ・ アキレスの腱 ・ 心配の種 ・ 一抹の不安』

苦悩や痛みを引き起こす出来事
『心配 ・ 悩み ・ 困難 ・ 面倒 ・ トラブル』

解決する必要のある困難な状況
『骨の折れること ・ 課題 ・ 難題 ・ 困難 ・ 面倒 ・ プロブレム ・ 厄介事』

人の抱える悩み
『心痛 ・ 心配 ・ 迷い ・ 心の痛み ・ 心の疼き ・ 心の悶え ・ 苦しみ ・ 苦悩 ・ 懊悩(おうのう) ・ 煩悶(はんもん) ・ 葛藤 ・ 煩悩(ぼんのう) ・ 人間の業(ごう)』

悩みの種
『心配ごと ・ 問題 ・ 障害 ・ 不都合 ・ 厄介な ・ 頭痛のたね ・ 苦労のたね ・ 障害物 ・ 邪魔者 ・ (~に)悩まされる ・ 閉口する ・ (~に)手こずる ・ 手を焼く ・ (~に)心を痛める ・ 「困ってること(があるの)」 ・ 「(~には)泣かされるぜ」』

精神的または肉体的な苦痛
『艱苦 ・ 苦しみ ・ 痛み ・ 四苦八苦 ・ 辛酸 ・ 苦痛 ・ 苦辛 ・ 傷み ・ 苦衷 ・ 渋難 ・ 苦しむこと ・ 困難 ・ 苦 ・ 辛さ ・ 苦艱 ・ 苦悩 ・ 疾苦 ・ 苦患』

これらの、単語を見ているだけでこころがざわざわしてきませんか。

年を取った人、若者

後半に『あらゆる人に効果のある「気分がよくなる、簡単な実践」があります。』

少し変わった視点で、私たちの社会を見て見ましょう。
始めに、「助け」と言う主題を取り上げます。(これに気が付くことが重要なため)
(「助け」とは、誰かや何かの役に立つ、必要とされる、支援する、援助する、貢献するという事を含んでいます。)

自分が今いる周りを見回して「助け」について考えて見ましょう。

そこには「天井」がありますか?
「天井」は、どうやら雨や雪であなたが濡れない様に「助け」てくれますよね。

そこに「床」がありますか?
「床」も、あなたが下に落ちてしまわない様にあなたを「助け」てくれますよね。

あなたの周りは「明るい」ですか?
「光」は、どうやら物が目に見える様にあなたを「助け」てくれますよね。

他にはどんな物が目に入りますか?

水・空気・植物・動物・・・世界中のあらゆる物や人・・・。

それらは、どうあなたを「助け」てくれていますか?

少し視点を変えて見れば、色んな物や人が、あなたを「助け」てくれている事に気がつきませんか!?

この世には、物凄い数の「助け」が存在していて、あなたは「助け」を受け入れて、時にはあなたが色んな物や人を「助け」ているはずです。

あらゆる仕事は「助け合い」が必要ですよね。「助けた」事により、自分が報酬や賞賛を得る結果になるでしょう。

子供が遊ぶという事は、その経験が彼の人生を「助ける」事になるでしょう。

この世にあるどのような物も人も「何かを助け、何かから助けられている」という事実を今一度思い返して見ましょう。

「助け」と言う主題は、時として人を不快な気分にさせ、「助け」という主題を避けようという気分にさせるでしょう。

「過去に傷ついて、過去に捕らわれている人」は「過去の出来事と今、目の前で起きている事を混同している」事がよくあります。 

「助け」が「助け」にならなかった・・・、「裏切り」という結果になってしまった過去の「痛い」経験があるなど・・・経験・知識は人生にとても必要なものです、しかし失敗して傷つく・挫折・喪失・劣等感(コンプレックス)などの「苦痛」は「助け」について混乱した考え方をするようになる原因になりそうです。

それでも不思議な事に、人を観察して見ると『子供でも大人でも、過去にどんな経験が在ろうと、人には他の人を助けようとする「意欲」があり、助けを求められると「意欲が増す」傾向にある』という結果を得るはずです。(意欲とは- 進んで何かをしようと思うこと。また、その心の働き)

一般的に
年をとった人は若者を見て「若い頃のように熱意を取り戻せたら」「人生をやり直せたら」と思い。
若者は年をとった人を見て「新しい考えを受け付けない」「頑固者」と考える傾向にあります。

この違いを生むものが「意欲」です。

年を取った人は「何かに対する意欲」を失い、若者は「十分に意欲的」だといえるでしょう。

年をとった人は若者を見て「人生経験が足りない」「知識が無い」となじり、物事を慎重に考えろと説きます。
若者は「少ない人生経験」「知識の無さ」から柔軟に素早く考え行動し、時には失敗をします。

若い頃に「意欲」を持っていたが、年を取ったら以前よりも「意欲」が無くなったと感じているならば、そこには「痛み」があるはずです。

年を取った人は「痛み」を溜め込み、若者は、まだ「痛み」の蓄積が少ない、「痛み」が「意欲」を押さえつけていくようですね。

心、肉体に対する大きな「痛み」は、一気に「意欲」を挫き「生きる力」さえ奪います、少量の「痛み」は少しずつ「意欲」を挫いていくようです。

ここで若者にも年を取った人にも有効な「意欲」を回復させ「助けは良い物である」と気が付く興味深い【実践】を紹介します。

それは「散歩」です!
「意欲」を無くしている人、気分のすぐれない人、落ち込んでいる人、あらゆる人に広く効果があります。

とに角、試してみる【実践】あるのみです。「実感」以外に効果を知る事は絶対に絶対に出来ません。

ここでの散歩の仕方は「遠くの物を見たり、近くの物を見たりしながら散歩する」事が【秘訣】です!

そして、「たまに自分が今いる場所と自分が過去にいた場所とを比べる」ことです。

この二つを交互に繰り返しながら、気分がよくなるまで「散歩」する。これだけ!!

「痛み」を溜め込んでいる人は気分が良く感じるようになるまで時間がかかるかもしれません。
「痛み」の蓄積が少ない人は比較的、短時間で気分が良く感じてくるかもしれません。

(2時間ぐらいで気分のよくなる人もいれば、1~2週間続けなくてはいけない人もいるでしょう)
(出歩くのが難しい人は、部屋の中でも上記の要領で試してみてください。効果が出るまでに時間がかかるでしょうが)

「散歩」が役に立ちます。
この興味深い【実践】を行動に移し活動する事が、あなたの「助け」(役立つ)になることを願っています。

今日の話題は

さて、健康というと肉体、身体の健康を思い浮かべますよね。
「心の健康のための現代科学」… 健康とは組織が正常に機能していることを指します。

今の世は「健康ブーム」、サプリメント、ダイエット、運動器具、健康食品、健康飲料などなど。アンケートをとれば肉体の健康が幸せな人生をもたらす、ということで票を集めるでしょう。

痛み屋は、肉体と対極にある「心(精神、思考)」を扱います。
「心が正常に機能している状態」「ストレスとは何か?」「心の仕組みとは」など。

自分で経験したこと自分の五感で感じたことを、信じられる人には理解いただけるかもしれません。

自分が記憶している過去の出来事は「自分しか」それを実感できない!!
ということがわかりますか?
人に説明することは出来ても、証明することは出来ないからです。

正直者と嘘つき(犯罪者)を見分けることが出来ないのは、心の中にある記憶を他の誰も見ることが出来ないからです。
(より専門的には、過去の出来事が本人に辛すぎる場合、自分で無意識的に過去を書き換えてしまうことがありますが・・)

しかし、自分が夕べ食べたものをしっかりと思いだせる人であれば思考の法則に従って過去の記憶を遡っていくことが可能です。

人の心は『過去の記憶を忘れてしまう!』のではなく、「思い出せなくなる」という思考の法則があります・・手順を踏んでいくと思い出せることがわかります。

「過去の記憶は何処まで遡れるんですか?」と問うたなら、お母さんのお腹にいるときまで遡って行けます。
(それが本当の記憶であることを本人は知っています)

実証その1、

「自分が思い出せる限り過去の記憶を見つけてください」では・・・「それが、なぜ自分が経験した記憶なのか他の人に完全に証明してください」。 

おそらく、無理でしょう・・・。

ここでの要点は他人に証明できなくても「自分は知っている!!」という事実です。

自分だけは知っているんです!

他人がなんと言ってこようが、自分が思い出している過去の記憶は「自分のものだ!」と知っているんです。
(正直者は隠し事が下手ですが、嘘つき者はよく「記憶にございません!」といいます。どちらの場合も「自分は知っている」が当てはまります)

人生経験が長い人になればなるほど、過去の記憶に空白が出来てくるのを実感するはずです。
思考の法則に従えば、「自分が知っている」過去の記憶を見つけていけます。

ここまで過去の記憶と心の関係を、簡単に紹介してきました。

「心の仕組み」
(自分で意識できる心、自分で意識できない動物の心)

「細胞に残る過去の記憶痕跡を除去する方法」
(細胞に無意識と苦痛・痛みの記憶が刻まれて、同じような刺激を受けると無意識に条件反射をもたらす心の一部)

など、痛み屋はこころのダメージケア専門店です!

追伸

事故やケガで外傷は治っても、痛みや不快感が残る場合があります。それを改善したいですか?

(トラウマのことでしょう、と早とちりや知ったかぶりしないで下さい。それらよりずっと深刻な問題です・・。)

破滅についての意識感覚

貴重なお時間を割いていただきありがとう。

いきなりですが「Ruin(ルイン)」とは、破滅の原因と言う意味があります。
破滅とは、根底からほろびること、存在して自立できなくなるです。

「Ruin、破滅についての意識」
(意識とは 自分の周囲の状況などを、はっきりとらえる心の働き。今していることが自分でわかっている状態)

最初の例は、「プロ」です。「プロフェッショナル」です。プロ野球、プロサッカー、プロゴルフ等に代表される「プロフェッショナル」な人たちです。彼らは日々、毎日「プロとして生き残る」ために、ひっしに戦っています。その中には「プロ」でないなら自分は「生きている価値すらない」という高いプライド、自尊心、誇りをもっている人もいることでしょう。

その人にとっては「プロ」として存在できないことは、破滅を意味するほどでしょう。

サクッと、別の例です。

「ダイエット」についてです。○○ダイエット、ダイエット○○でも、なんでもダイエットと命名されていれば飛びつく人もいることでしょう。ダイエットに関心がある人の中には「太っている」=破滅 を意味している場合があるかもしれません。

こころのからくりを知ると人は「意識下」で『自分が、これ以上坂道を落ちるわけには行かない』と自覚する地点があるようです。

プライド、自尊心、誇りがある人は、ぎりぎりの所で踏みとどまるようにブレーキをかけます。

実際に「死ぬ」わけではありませんが、生きるか死ぬかと言うほどの地点。 意識の上では「死」にも等しい位の感覚。 その人が存在している理由で「自分らしさ」をたもっていられるギリギリのポイント。 人として、踏み外したくないキワ。世間体、人の目、面目、体面 を「失う恐れのあるもの」は破滅の原因です。健康や地位を失うものも破滅の原因です。

そんな、経験、感覚、出来事が今までにありませんでしたか?自覚なしですか?

薬物、ドラッグに手を出す人。 教育、学ぶことの障害を抱えている人。 不道徳な行為に走る人。 既得権、権力、暴力を使い抑圧するひと。

色々な形で、いろんな「Ruin (ルイン)」=破滅の原因がありそうです。

すばらしい能力を持っている沢山の人がいます。

人は「ストレス」をかけられると周りに対する意識を縮小させたり、特定のものに注意が固着してしまい注意散漫になったりします。これらに続いて、さまざまな問題、他人とのトラブル、病気、不幸な出来事が起きたりします。

ところで、あなたは「自分が本当にやりたいこと」をやってますか?
そして、「自分にはやりとげるだけの十分な能力がある」と自覚していますか?

こころの能力を最大化する助ける技術 プロ・カウンセラー。

こころが受けたダメージを数値化してくれる悩める現代人に必要な「自己診断」結果の出るキャパシティー分析テスト!(メンタル診断、心理テストとひと味違う)をどうぞお楽しみください。