あなたは、人生から逃げている!

あなたは びみょうに 人生から 逃げている!

この びみょうに ってとこが味噌です。

あからさまに 逃げているわけでは ないんです。

  • 他人の 同情をかったり
  • 相手を憐れみ思いやる気持ち を利用したり
  • 人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち を巧みに使ったり
  • 人の苦しみへの深い理解と同情 を悪用したり
  • 人の痛みを理解し、何かをしてあげたいという、人道的な性質 を食いものにしたり
  • 温情・思いやり・慈悲・お目溢し・厚情・厚意・哀れみ・不憫・お情け・情け心、など様々な言い方があります

上記ほど ひどくは無いでしょうが たくみに思考の中で 逃げをうってる はずです。

なぜか?

自分が かわいい からです。

自分には あまいん です。

思考の中って そんなもんです。

そんなことはない と反論する人がいるはずです。

そんな あなたも「逃げているんです」。

そんな あなたに人生診断分析テストをおすすめしてます!(心理テストではありません)

では・・・また・・

あなたは、自分のことを 好き 嫌い!? どっちですか?

本気、死ぬ気で変わりたい!と心の中で叫ぶだけ…

本気、死ぬ気で変わりたい!と心の中で叫ぶだけ…変わる必要性について考えてみる!


最近こんな記事を見つけました。

主婦の55.1%が「ダイエットをしたいが、行動していない」 ――――――――――――――――

モバイルWEBにて主婦729人を対象に、ダイエット・健康管理について調査した。「最近、ダイエットをしようと思いましたか?」と聞いたところ、「ダイエットをしたいが、行動していない」が55.1%と最も多く、次いで「既にダイエットをしている」が27.8%、「ダイエットをしようと思わない」が17.1%と約半数の主婦がダイエット意向はあるが、行動に移せていないことがわかった。
これを目にしたときに思ったことは「何かをしたいが、行動していない」という事です。

―――――――――――――――――――

【必要性】必要であること。また、その度合。
【必要に迫られる】そうしなければならない状態になる。
三省堂 大辞林

必要性という言葉の意味を本当に実感したら「行動」するだろう・・。

「何かをしたいが、行動していない」とは、必要性を本当には実感していないからでしょうね。

だれでも知っていることですが、緊急時や切羽詰って事に及ぶと大変な目に遭うんです。気が付いた時には取り返しが付かない事になっていたと・・。

心のリハビリ。ヘルプもそんな感じですよ。

「個人にとって最も好ましい環境とは、どういったものなんだろうか?」を突き詰めてみるのも一考です。

変るきっかけや何かを乗り越える踏み台になるかな!? 心理テスト

ここでは、人気があるか無いかは重要ではありません。
ただ、人として合意してくれると嬉しくですね

なにかハッキリとしないが『坂道を落ち始めている』と感じること、ありませんか?

子供はピュアー、無垢、自由、あかるく、元気よく、将来に希望を持っていることでしょう。

(あげたければ、いくつでもあげちゃってください。)

そして、人は人生の夢、目的、目標がなんであれ それらを手に入れたいという、衝動、欲求を持っているでしょう。

(所有物だけでは、はかれない大きなもの。お金では買えない貴重なもの。)

さらに、人は有能であればあるほど 楽しみ、よろこび、満足、かいらくを沢山手に入れてより良い人生をおくれます。 逆に 無能であればあるほど失い、滅んでいきます。(破滅)

[無能とは 能力、才能がないこと。やくにたたないこと。]

人生を何とか進んで、時にはかなり努力した時もあるでしょう。

しかし、容赦なく時はたちます。

(過ぎ去った時間は「一瞬」、これから先の時間は「長~く」感じますよね。)

年を取るにつれ、体は成長し、知識も増え、「子供ではない」と感じる時期があるでしょう。

それに反して〝こころの中〟では、「何かを望み、あきらめ」「良くなりたいのに良くなれない」「変わりたいのに変れない」「何かを失っていく」「子供のときより悪くなっている」・・〝このまま大人になるのは・・〟と感じるようになることがあります。

そんなとき、言い訳をしたり、責任転嫁、正当化したり、何かのせいにしたり、原因を【どこか他 に】求めてしまうことがあるかもしれません。

トラウマを 抱えている人がいます。トラウマを 特に意識しない人もいます。

そして、責任感の強い人!まったく、責任感の無い人!様々な人がいますよね~。

トラウマが あろうがなかろうが責任感が あろうがなかろうが人の 思考のしくみでは びみょうに「逃げを打つ」んです!

責任回避や めんどうくさいとか わずらわしいとか 時間が無いや 忙しいなどの考えが「思考のすきま」入り込むんですよね。

(【どこか他に】ある原因を環境、親、先生、友人 なんでも好きなだけあげちゃいましょう。)

原因を【どこか他に】求める人は、さらに「坂道を落ちる」だけかもしれませんが・・。

意識の高い人は、人前で取り澄ました顔をしていても、他人をあざむいていても なんの改善、解決 にもならないことを知っているものです。

原因は【どこか他に】あるのではなく、自分の中にあると、本能的に気がついているものです。

内心では自分自信を誤魔化すのは難しいと感じているでは・・。(苦しいよね~)

〝心のからくり〟があり、〝心の中〟では、様々な考え、思考、反応が入り乱れています。

  • 固定観念 / 自分じゃ気がつかない凝り固まった考え、偏った思考、色目がね
  • 過去の動揺を引きずる / いやな経験で似たような過去の出来事に影響される
  • おこなったまずい行為 / しなければ良かった、やらなければと後悔していること
  • 棚上げしている悩み / 解決できないので手をつけない。いつまでも問題、悩みの素になるもの。
  • 対人関係 / 自分の考えをきちっつと伝え、相手の言いたいことをしっかり受け取るコミュニケーション能力、緊張、不安、赤面(など)
  • 勉強、学ぶことの障害 / 勉強にがて、きらい、記憶力悪い、眠くなる

 など いくつか例を挙げましたが〝心の中〟は、かなり入り乱れているんです。

自信がない、恥ずかしい、信頼を失う、プライドをなくす、後ろめたい気持ちを抱えている、悲しみ
を抱えている、などなど だれでも人には言えない事の一つや二つ抱えているもんです。

なかには自分を裏切り、たいした人間ではないと結論付けたり自暴自棄になる人もいるかも・・

ハッキリ意識するようになると、「坂道を落ち始めている」とあせるようになる事実、現実、出来事が見えてきますよね。

ようするに あなたは、自分のどこがまずいか知っているということです。

あくまでも【原因は他にある】と言い張ったり、「時間が解決してくれる」とうそぶいたり、見な
いように触らないように揺すらないように、蓋をして閉じ込めておく・・・これで、万事OK!

「坂道を落ち始めている」なら、そこに破滅の原因があります。

痛み屋のプロカウンセラーは、あなたと協力して取り組んでいきます。

ここから、輝かしい自分自身を取り戻しましょう。


以上

HPを作成するに当たり、読者の反応を見ています。以前にアップした内容を加筆、修正しました。

誤字、脱字、不適切な表現への指摘、感想、意見、コメント、問い合わせ どうぞ大歓迎です!!

気が滅入った時など何かしなきゃと人生で焦りを感じていませんか?「動物の心」に乗っ取られる!?

このまま何もしなければ、言い訳だらけの人生で終わってしまいます。

現実の状態に対して理想的な状態という考え方があります。

現実と理想です!

ここでは、心の理想的な状態を考えていきたいと思います。

まず、心の基本的な性質が「善」であることを伝えたいです。

あなたは、自分があれこれと『理由の分からない非理性的なことをする 』と知っています。(これは現実の心の状態を指しますよ)

この、自分でもうまく説明できない感覚、感情、癖など気分屋とか気まぐれな性格、特徴はどこから来るのでしょう?  (下に続く↓)

気まぐれ
意義素 類語

  • その場に臨んで心情を催すさま 思いつくまま ・ 気の向くまま ・ そのときの気分次第で ・ 気分の赴くまま ・ 気まま ・ 気分 ・ 気まぐれ
  • 緻密な計算や判断ではないく思いつきによる様子 恣意性 ・ 任意性 ・ 勝手さ ・ 適当さ ・ 気まぐれ ・ 思いつき ・ いい加減さ ・ 雑さ
  • 興味の対象が次々に変わっていきやすいこと 移り気 ・ 浮気 ・ 気まぐれ ・ 多情 ・ 飽き性 ・ むら気 ・ 気移り ・ お天気
  • 物事が次第に変化していくのに合わせて行動するさま 風まかせ ・ 風任せ ・ 運次第 ・ 流れ次第 ・ 気まぐれ ・ 気の向くまま ・ 運命次第 ・ 天の神様の言うとおり ・ 自然の赴くままに ・ 自然のままに ・ 自然の流れに任せて ・ 自然に任せて ・ 自然の摂理に従って ・ 流れに任せて ・ なすがままに ・ 風の吹くままに ・ 身を任せて
  • 突然の予測できない衝動に左右される性質 不可測
  • 必要性や論理によるよりも偶然、衝動または気まぐれによって決定される 気まぐれ
  • 変わりやすいさま 気まぐれ
  • 信頼できず、裏切るために不誠実であること 虚偽 ・ 不誠実
  • 突然の欲望 衝迫 ・ 心のはずみ ・ 気紛れ ・ 衝動 ・ でき心 ・ 出来心
  • 突然の予測できない変化を招きやすい 気紛れ
  • 愛着または愛情における不規則な可変性で特徴づけられる 浮気
  • 理性や判断力より、気まぐれな思い付きで行動する特性 移り気
  • 奇妙な、想像力に富む、または気まぐれなアイデア 物好き ・ 気紛れ ・ 酔狂 ・ 移り気 ・ 粋狂

(Weblio類語辞書から)

(ここから続き…)

心には「自分が意識している心のさらに下に、意識の及ばない心」があります。

これを「動物の心」と呼びます。動物の心とは、人間の進化におけるより初期の名残りであり、動物の心は意識している心と体に影響を与え支配する力を持っています。動物の心は肉体的な痛みと苦痛の感情のみに基づいて働きます。思考能力は無くモッパラ刺激ー反応に基づいて動きます!心の法則は意識している心が無意識の時、動物の心は細胞レベルで痛みと苦痛をため込み記録し続けるようです。

再刺激する『なにか』に出会うと自分の意志とは関係なく心と体に影響して支配するようになります。

あなたが、この下位の心ー「動物の心」に乗っ取られることで、あらゆる不合理な振る舞いが生まれます!

もっと詳しく説明もできますが、最低ここまで理解できれば問題ありません。

ただし、理解するのと実感するのとでは大きな隔たりがありますが!

たまに例で取り上げますが、「海の水がしょっぱいことを知るためには舐めてみるしかない」という事ですね。

気が滅入った時、何かしなきゃと人生で焦りを感じた時、このまま何もしなければ言い訳だらけの人生で終わってしまうと不安を感じる時に心の法則を思い出してね!

心の理想的な状態は「動物の心が無い」状態を指します!

少しは時間つぶしになりましたか?

ショックな出来事、心のダメージから立ち直る方法!

心のダメージに関連するショックな出来事のあと…ショックな事から立ち直る方法、立ち直り方の順番があることは知られていないかな!?

時と場合、人によりけりですが、大なり小なりショックな出来事を経験することがあります。

恋愛からの失恋、大切な人との別れ、死別、立ち直れないと感じるほどのストレスなど、例を挙げようとすれば、たくさん出てきます。

ショックな出来事を受けて… 精神的ダメージが大きい、心がしんどい時どうすればよいか!

1、散歩をお勧めします! 

ただし、少しコツがあります。「遠くを見たり近くを見たり」しながら歩くんです。

では、どれぐらい歩くのでしょう。歩き始めて疲労を感じる地点を通り過ぎるまでです。

コツは「疲労を感じる地点を通り過ぎる」です。ここは重要なので二回繰り返しました。

2、心の健康、疲労度をチェックしましょう。

ちまたではストレス診断とか心の健康チェックシートと呼ぶのかもしれません。

心理テストとは全く違う生活、人生に役立つ分析結果が出てきます。

3、手前味噌ですが、「痛み屋」心の理想と現実、ダメージケア専門プロカウンセラー東京 のブログを読む!

心の仕組み、動物の心などについて正しく知る!正しく知るです! ここも重要なので繰り返します。

ショックな出来事が続いたり、ショックな出来事のあと眠れなくなる人もりるかもしれません。

ショックな事から立ち直る方法、立ち直り方でよくあるパターンは、忘れよう、蓋をする、触れないようにする や 時が癒してくれる的な対処法です。

これらは絶対にダメです!絶対にダメです!絶対です!

さらに、薬に頼る、宗教にすがる、スピリチュアルに、はまる人もいることでしょう。

いままで散々経験してきたので… どれを選択するかで… 人生は大きく変わりますよ… ね!

ここでしか解決できない、「動物のこころ」とは!

痛み屋では、人の心が抱えるあらゆる問題の根源を取り除くことのできる唯一のテクニックを提供しています。

職業・年齢・性別を問わずあらゆる階層の人々に劇的かつ永久的な向上をもたらすことができます。

そして、それを取り除くことで、長い間追い求めてきた「あなた本来」の目標に到達することも可能になります。

動物のこころとは。 (他の心を扱う治療分野が見逃している)

『動物のこころ』ー 痛み屋

人の心の下に隠された無意識の衝動で勝手に反応する心の事を指します。この、心の部分は進化の過程で取り残されてしまったのかもしれません。この、心は理性的に結論を出す能力が有りません。

ぜったいに信じないでしょうが、この一つを解決し忘れることが人生の負のスパイラにはまり抜け出せなくなる原因です。

過去の精神的な痛みや肉体的な痛みを伴う経験は確実に心の中へと入り込み、あなたの現在の振舞い、意欲に望ましくない影響を与え続けています。

「痛み屋」セッションの特長。

心の法則に則った安全で効果のある技術を使うことで、あなたは最低限の労力で、最大限の成果を掴み、あなたにとって最高の状態を手に入れられると確信するにいたります。

痛み屋のセッションは元を叩くので永久的な解決に至ります。

(トラウマ・グリーフケア・ペットロス カウンセリング受け付けてます)