情緒不安定は、トラブルの原因です!

人の理解が及ぶ範囲いは、ある程度決まっているようです。
そして、人が何を信じるかも人の理解が及ぶ範囲いにあることでしょう。

以上を前提条件にして記事を書いています。

今回は「情緒不安定」とは、何ぞや・・です。
(ウツ・キレる・イライラ・不眠・うつ病・人格障害・不眠症・虐待・過食症・拒食症・依存症などにも関係しています)

「情緒不安定とは」をググッテみました。
情緒不安定とは、「ハッキリした理由も無く気分の浮き沈みが激しい」ことのようです。

情緒不安定は、トラブルの原因です!

ちなみに、トラブルとは – 予想外に起こる問題となる事物。やっかいごと。いざこざ。 機械の故障 。 対人関係のもつれ。のことを指します。

トラブルの好きな人は情緒不安定かも知れません。
トラブルを抱えている人は自分自身が情緒不安定かもしれないし、その人の近くに情緒不安定な人がいるかもしれません。

情緒不安定を解決する為に、絶対必要な方法があります。

  • なぜ情緒不安定が起こるのか、その構造を理解する。
  • 情緒不安定になる原因を特定する。
  • 見つかった原因を処理する。
  • この方法以外を実践すると、更なるトラブルに落ち込んでしまう、が法則です。

情緒不安定を解決しないとマズイと感じている、トラブルを抱えている人は問い合わせよりコンタクトしてください。

追伸
「人が何を理解しようが何を信じようが、その本人の自由」という考え方も存在しますね。

あなたは、すでに坂道を落ち始めている!

ここでは、人気があるか無いかは重要ではありません。
ただ、人として合意してくれると嬉しいですね。

なにかハッキリとしないが『坂道を落ち始めている』と感じること、ありませんか?

子供はピュアー、無垢、自由、あかるく、元気よく、将来に希望を 持っていることでしょう。
(あげたければ、いくつでもあげちゃってください。)

そして、人は人生の夢、目的、目標がなんであれ それらを手に入れたいという、衝動、欲求を持っているでしょう。
(所有物だけでは、はかれない大きなもの。お金では買えない貴重なもの。)

さらに、人は有能であればあるほど  楽しみ、よろこび、満足、かいらくを沢山手に入れてより良い人生をおくれます。
逆に無能であればあるほど失い、滅んでいきます。(破滅)[無能とは 能力、才能がないこと。やくにたたないこと。]

 
人生を何とか進んで、時にはかなり努力した時もあるでしょう。

しかし、容赦なく時はたちます。(過ぎ去った時間は「一瞬」、これから先の時間は「長~く」感じますよね)

年を取るにつれ、体は成長し、知識も増え、「子供ではない」と感じる時期があるでしょう。

それに反して〝こころの中〟では、「何かを望み、あきらめ」「良くなりたいのに良くなれない」「変わりたいのに変れない」「何かを失っていく」「子供のときより悪くなっている」・・〝このまま大 人になるのは・・〟と感じるようになることがあります。坂道を落ち始めている…。

そんなとき、言い訳をしたり、責任転嫁、正当化したり、何かのせいにしたり、原因を【どこか他に】求めてしまうことがあるかもしれません。(【どこか他に】ある原因を環境、親、先生、友人 なんでも好きなだけあげちゃいましょう)

原因を【どこか他に】求める人は、さらに「坂道を落ちる」だけかもしれませんが・・。

意識の高い人は、人前で取り澄ました顔をしていても、他人をあざむいていてもなんの改善、解決 にもならないことを知っているものです。

原因は【どこか他に】あるのではなく、自分の中にあると、本能的に気がついているものです。
内心では自分自信を誤魔化すのは難しいと感じているでは・・。

〝こころのからくり〟があり、〝こころの中〟では、様々な考え、思考、反応が入り乱れています。

  • 固定観念 / 自分じゃ気がつかない凝り固まった考え、偏った思考、色目がね。
  • 過去の動揺を引きずる / いやな経験で似たような過去の出来事に影響される。
  • おこなったまずい行為 / しなければ良かった、やらなければと後悔していること
  • 棚上げしている悩み / 解決できないので手をつけない。いつまでも問題、悩みの素になるもの。
  • 対人関係 / 自分の考えをきちっつと伝え、相手の言いたいことをしっかり受け取るコミュニケ ーション能力。
  • 勉強、学ぶことの障害 / 勉強出来ない、きらい、記憶力悪い、眠くなる。

など いくつか例を挙げましたが〝こころの中〟は、かなり入り乱れているんです。

自信がない、恥ずかしい、信頼を失う、プライドをなくす、後ろめたい気持ちを抱えている、悲しみ を抱えている、などなど だれでも人には言えない事の一つや二つ抱えているもんです。

なかには自分を裏切り、たいした人間ではないと結論付けたり自暴自棄になる人もいるかも・・。

これらをハッキリ意識するようになると、「坂道を落ち始めている 」とあせるようになる事実、現実、出来事が見えてきますよね。

ようするに あなたは、自分のどこがまずいか知っているということです。

あくまでも【原因は他にある】と言い張ったり、「時間が解決してくれる」とうそぶいたり、見ないように触らないように揺すらないように、蓋をして閉じ込めておく・・・これで、万事OK!

「坂道を落ち始めている」なら、そこに破滅の原因があります 。

痛み屋は、あなたと協力して取り組んでいきます。

ここから、輝かしい自分自身を取り戻しましょう。

変わりたいけれど変われない、やっぱり結局変われてない?

結局何も変わらない

何も変わらない人生

行動しても変わらない

何も変わらない毎日

変わる勇気がない

マジで人生変えたい

変える勇気がない人

人生変えたい女

何も変わらない

人生を変えるためにすること

どんどん悪くなる人生

マジで人生変えたい

自分が変わらないと何も変わらない

人生を変えるためにすること

どんどん状況が悪くなる

環境を変えたい心理

本気で人生を変えたい

今の状況を変えたい

人生を大きく変えたい

手抜き記事です!

でも、あなたに当てはまる心理はどれですか?

「狂人」は慢性的に狂っている。あなたも一時的に狂うことがある。

狂人、狂っている・・何かがおかしい!?「狂人」は慢性的に狂っている人です。「普通の人」も一時的に狂うことがあります。

『狂う』(明鏡)

1、精神の正常な機能がそこなわれる

2、(ある人から見て)考え方などが正常でなくなる

3、理性を失うほどおぼれる。(我を忘れる)

1番目の定義は、精神障害として「病気」と分類をされてしまうようですね。 統合失調症 、うつ病、パニック障害、PTSDなど。

2番目の定義は、困難や問題を沢山抱えていたり、早急に解決策を提示しなくてはいけない様な状況で、おかしな選択をしてしまったり、周りの説得や反対を無視して異常な行動を取ってしまう場合などに見られるかな。

3番目の定義では、定番の状況が思い浮かびますね。ギャンブル依存症、浮気や嫉妬に見られる精神状態・・。

上記はすべて精神異常です。狂人は慢性的に「常に狂っている」ようです。 感情的になりすぎて異常な行動を取ったり、強いストレスとか突然のショックなどを経験したときに『あなた』 も一時的に「狂う」ことがあります。

そして、大別すると精神異常には「見た目ですぐに、それと分かる」状態と「見た目では、それと分からない」2つの状態があります。

自分で、「狂っているな」とか「異常な状態だ」などと気が付いて修正して「正常に」戻せるならよいでしょう。

『狂っている』ことを自覚していても、別にかまわないと考えるなら回りにとって危険でしょう。

「自分自身が今の時点でどれぐらい狂っているか?」知っていますか・・・悩める現代人に必要な「自己診断」結果の出るキャパシティー分析テスト!(メンタル診断、心理テストとひと味違う)。

結果を見たら愕然としますよ!このままでいいのか?と思うならお入りください。

あなたは、人生から逃げている!

あなたは びみょうに 人生から 逃げている!

この びみょうに ってとこが味噌です。

あからさまに 逃げているわけでは ないんです。

  • 他人の 同情をかったり
  • 相手を憐れみ思いやる気持ち を利用したり
  • 人の不幸に対する同情と悲しみの気持ち を巧みに使ったり
  • 人の苦しみへの深い理解と同情 を悪用したり
  • 人の痛みを理解し、何かをしてあげたいという、人道的な性質 を食いものにしたり
  • 温情・思いやり・慈悲・お目溢し・厚情・厚意・哀れみ・不憫・お情け・情け心、など様々な言い方があります

上記ほど ひどくは無いでしょうが たくみに思考の中で 逃げをうってる はずです。

なぜか?

自分が かわいい からです。

自分には あまいん です。

思考の中って そんなもんです。

そんなことはない と反論する人がいるはずです。

そんな あなたも「逃げているんです」。

そんな あなたに人生診断分析テストをおすすめしてます!(心理テストではありません)

では・・・また・・

あなたは、自分のことを 好き 嫌い!? どっちですか?

あなたが知る必要があること!

「心」とは、自分の過去の記憶を保存する所です。

さてさて、楽しい思い出を思い浮かべるとどんな感じがしますか?

単純に「楽しく」なりませんか!

さてさて、嫌な思い出を思い浮かべるとどんな感じがしますか?

人にもよりますが、「苦しい」「怖い」「悲しい」「痛い」「辛い」・・・
などといった気持になりますよね。

これらの”感覚、感情、エネルギー”はいったい、なんなんでしょう???

世の中には、自己啓発、自己改善したり、人生を向上させるための本や教材があふれています。

本のベストセラー・リストには、いつも自己啓発、自己改善書が上位に名前を連ね街角では「どうすればよいか」という議論が続いています。

それにも関わらず、新しい自己啓発、自己改善書や教材が次々に世に出され答えを模索しているのはなぜでしょう。

それは、「たった一つのこと」を知らないからです。

そして人々は、その「たった一つのこと」を知らされずにきました。

ここは「知って得する心の世界」と題しています。
心と身体のダメージケア専門店です。

「たった一つのことを知る」ことで人生が変わります!

それは、あなたにとって冒険になるかもしれません。

それはまるで、秘密の扉を開くように…。

心の理想的な状態と現実の「あなた」の溝を埋めましょう!