「変わりたいけれど変われない?」気が滅入った時、何かしなきゃっていう焦り、言い訳ばかりの人生を変えたい!

(「変わりたいけれど変われない?」気が滅入った時、何かしなきゃっていう焦り、言い訳ばかりの人生などなど…)
肉体的な苦痛でも、それ以外の苦痛でも、あなたがこれまでに蓄積してきた
すべての苦痛を、あなたの人生から消し去ることが出来るとしたらどうなるでしょう?

苦痛とは、喪失のことを指し、喪失とは痛みを含んでいます。さらに、喪失は実際に失った場合と失うかもしれない恐れの感情という2つの部分に分かれます。失うかもしれない…は、実際は何も失っていません。この、失うかもしれない恐れという部分を認識していないテクニックは不完全です。そして、痛みの元を根絶することが必要です。ここまで説明できるテクニックであれば「心」が抱える問題を解決できるでしょう。

その人の人生に対する平均的な気分や態度の特徴(感情の段階において現れる特徴)

  1. 熱中・熱狂 (ある物事に夢中になり、心がたかぶっているさま)
  2. 退屈 (実行中の事柄について関心を失い飽きている)
  3. 敵対心(相手を敵とみなして対抗する)
  4. 怒り(目的を達成できない時、身体を傷つけられた時、侮辱された時などに、おこること。はらだち。いきどおり。)
  5. 恐れ(悪いことが起こるのではないかという心配)
  6. 悲しみ(脱力感、失望感や挫折感を伴い、胸が締め付けられるといった身体的感覚と共に、涙がでる、表情が強張る、意欲・行動力・運動力の低下などが観察される)
  7. 無気力(気力のないこと。進んで何かをしようとする意欲のないこと)

※大まかですが感情の順番に並んでいます。これらの特徴は「助け」に大きく関係しているんです!生きることは助けることと大いに関係しています。

  • 人の感情の段階における位置は、一日の中で変化します。
  • 何週間とか何年にもわたって変化することもあります。
  • しかし、(ショックなこと、喪失などが無ければ)一定の期間は安定しています。
  • 人の感情の位置は良い知らせや嬉しいことがあると上昇します。
  • 悪い知らせ、失敗、裏切り、悲しいことがあると下降します。
  • これらは、人生において誰にでもあるお決まりの浮き沈みです。
  • しかし、すべての人には慢性的にとどまっている感情の帯域があります。
  • (これは、痛み屋のカウンセリングでしか改善できません)
  • 危険が迫ってきたり、状況がひっ迫してきて必要性のレベルが高まると
  • 短い期間感情の状態を上昇させることができます。

教育やビジネス、社会貢献などの団体やグループにおいても
ある決まった慢性的な感情の帯域が見られます。

その人が暮らす環境にある慢性的な感情の帯域は、その人に大きな影響を及ぼします。

根本的な答えを知ってしまえば、すべての問題は基本的に単純です。
それは、生命や生きることにも当然のごとく当てはまります。

あなたは身近な人の、人格や人生における振る舞いに関する謎、難問、不思議、困難さを
どれだけ容易に理解して改善策を示せるようになるのでしょう?

無気力な状態の特徴を表す言い方はいろいろあります。
引きこもり、ニート、無気力症候群、五月病、うつ病など

言い方や表現、特徴は多少違いますが、これらは「無気力」という
感情の帯域に区分されます。

怒り、敵対心、退屈でも、ハッキリとした特徴があります。

(ここでは、ごく簡単な紹介に留めています)

(「変わりたいけれど変われない?」気が滅入った時、何かしなきゃっていう焦り、言い訳ばかりの人生などなど…)悲しみや悲嘆、喪失感が引き起こす感情的な特徴もハッキリとあります。

心の機能

  • 生きている間に経験する苦痛や痛みは、心の苦痛貯蔵所に保管される。
  • 記憶とは、経験と痛みを含むものがある。
  • 心の記憶貯蔵所に、長期にわたって蓄積された痛みを消し去ることができる。
  • 蓄積された苦痛や喪失の痛みは、意識の低下、肉体的な健康の衰え、生きる意欲の減少と
  • 感情的な段階の低下を引き起こします。
  • 一生涯の肉体的な苦痛や喪失、苦痛や悲しみを消去または無効にすると、活力が回復します!
  • 蓄積された苦痛や悲しみが残存する限り、永続的な結果は全く得られないことが分かります。

生きる活力、より高いレベルの生活、より良い生き方を求めるのは、熱中や熱狂、快活の感情帯にいる人の特徴です。

人の感情の状態を、いくらかは向上させられると主張する人に出会ったら「心の仕組み」はどうなっていますか?
と聞いてみてください! 
専門家は自分の仕事を理解していて良い結果を出します!
世の中には、専門家ぶっている人が大勢います。
あなたは、そういう人たちをどうやって見分けますか?

何かしなきゃと、焦りばかり感じている人… 言い訳ばかりの人生ですか?

僕の(私の)本音…

「わたしはこの性格で、この人生で本当によかった」と本気で思ったことある?

成人して社会に出てみて

「こんな大人(今の自分)には成りたくなかった」と感じたことある?

「性格のせいだから、どうすることもできない」と思っていることある?

焦り、不安、恐怖… 「人生が思うように進まない」と落ち込むことある?

何かしなきゃと焦ったり、気が滅入ったり、言い訳(正当化)ばかりしてる?

日々淡々と同じような日常を繰り返していて、ある時「このままでいいの?」とか「何かしなきゃいけないんじゃないの?」と思うことがありませんか?

子供のころは自分には何となく無限の可能性があり、夢や希望に溢れていたと感じていたかもしれません。

でも時を重ね成人して社会に出て「小さいころから、こんな大人(今の自分)に成りたかったのか?」と、ふとした時に思うことをしばしば経験するようになってきたかもしれません。

平凡や普通… いや、もしかして… それ以下の人生を生きているかもしれない… あの頃の自分が知ったら、一体どう思うだろう?

そう考えると、何とかしないといけない。今からでも人生を挽回しないといけない。
恋愛、結婚、子育て、仕事、老後、親の介護やら… 何でもいいから何かしなきゃ… と焦ってみたり…

「このままでいいのか?」「変えたいな」と思っていても切羽詰まっているわけではないので、なかなか重い腰が上がらないという人は多いと思います。

このままの人生でもいいけど、何か変えたい。ここから出たい。それを邪魔するのが…

そこで・・・これからの自分の人生が、どうなっていくのか?

「潜在能力」という言葉を耳にしますよね。
特に説明の必要は無いと思いますが、今のあなたは「その潜在能力を、どの程度」発揮しているんでしょう?

こちらからは、今のあなたが良い人生なのか悪い人生なのかわかりません。

潜在能力をフルに使えるとしたら、望んでいたけど手に入らないと諦めていた
あるいは、臨む人生に早く到達できるかも知れません。

巷には心理テスト、性格診断、能力分析や占い、占星術あるいは右脳、左脳の鍛え方、使い方、能力の引き出す方法など色々ありますが、

ここで紹介している無料分析診断テストは「現在どの程度、能力を使えているか!」を数字で教えてくれます。

潜在能力、プラス100%の状態からマイナス100%の状態という具合に見ていくことが出来ます!

さあ! 今すぐ始めてみよう! 

何かしなきゃと、焦りばかり感じている人… 言い訳ばかりの人生を送っている「あなた」… このままでいいの?このまま時間だけが過ぎていく人生でいいの?と思うならお入りください。無料診断だけでも受けて、人生の向上に役立ててください。

隠れ落ちこぼれ・コンプレックスをひたすら隠してきた人に効果的!心の美容院・エステみたいなところです。正常に働く心の機能を完全に取り戻すカウンセリングを東京で提供しています。痛み屋 店主より

気が滅入った時など何かしなきゃと人生で焦りを感じていませんか?「動物の心」に乗っ取られる!?

このまま何もしなければ、言い訳だらけの人生で終わってしまいます。

現実の状態に対して理想的な状態という考え方があります。

現実と理想です!

ここでは、心の理想的な状態を考えていきたいと思います。

まず、心の基本的な性質が「善」であることを伝えたいです。

あなたは、自分があれこれと『理由の分からない非理性的なことをする 』と知っています。(これは現実の心の状態を指しますよ)

この、自分でもうまく説明できない感覚、感情、癖など気分屋とか気まぐれな性格、特徴はどこから来るのでしょう?  (下に続く↓)

気まぐれ
意義素 類語

  • その場に臨んで心情を催すさま 思いつくまま ・ 気の向くまま ・ そのときの気分次第で ・ 気分の赴くまま ・ 気まま ・ 気分 ・ 気まぐれ
  • 緻密な計算や判断ではないく思いつきによる様子 恣意性 ・ 任意性 ・ 勝手さ ・ 適当さ ・ 気まぐれ ・ 思いつき ・ いい加減さ ・ 雑さ
  • 興味の対象が次々に変わっていきやすいこと 移り気 ・ 浮気 ・ 気まぐれ ・ 多情 ・ 飽き性 ・ むら気 ・ 気移り ・ お天気
  • 物事が次第に変化していくのに合わせて行動するさま 風まかせ ・ 風任せ ・ 運次第 ・ 流れ次第 ・ 気まぐれ ・ 気の向くまま ・ 運命次第 ・ 天の神様の言うとおり ・ 自然の赴くままに ・ 自然のままに ・ 自然の流れに任せて ・ 自然に任せて ・ 自然の摂理に従って ・ 流れに任せて ・ なすがままに ・ 風の吹くままに ・ 身を任せて
  • 突然の予測できない衝動に左右される性質 不可測
  • 必要性や論理によるよりも偶然、衝動または気まぐれによって決定される 気まぐれ
  • 変わりやすいさま 気まぐれ
  • 信頼できず、裏切るために不誠実であること 虚偽 ・ 不誠実
  • 突然の欲望 衝迫 ・ 心のはずみ ・ 気紛れ ・ 衝動 ・ でき心 ・ 出来心
  • 突然の予測できない変化を招きやすい 気紛れ
  • 愛着または愛情における不規則な可変性で特徴づけられる 浮気
  • 理性や判断力より、気まぐれな思い付きで行動する特性 移り気
  • 奇妙な、想像力に富む、または気まぐれなアイデア 物好き ・ 気紛れ ・ 酔狂 ・ 移り気 ・ 粋狂

(Weblio類語辞書から)

(ここから続き…)

心には「自分が意識している心のさらに下に、意識の及ばない心」があります。

これを「動物の心」と呼びます。動物の心とは、人間の進化におけるより初期の名残りであり、動物の心は意識している心と体に影響を与え支配する力を持っています。動物の心は肉体的な痛みと苦痛の感情のみに基づいて働きます。思考能力は無くモッパラ刺激ー反応に基づいて動きます!心の法則は意識している心が無意識の時、動物の心は細胞レベルで痛みと苦痛をため込み記録し続けるようです。

再刺激する『なにか』に出会うと自分の意志とは関係なく心と体に影響して支配するようになります。

あなたが、この下位の心ー「動物の心」に乗っ取られることで、あらゆる不合理な振る舞いが生まれます!

もっと詳しく説明もできますが、最低ここまで理解できれば問題ありません。

ただし、理解するのと実感するのとでは大きな隔たりがありますが!

たまに例で取り上げますが、「海の水がしょっぱいことを知るためには舐めてみるしかない」という事ですね。

気が滅入った時、何かしなきゃと人生で焦りを感じた時、このまま何もしなければ言い訳だらけの人生で終わってしまうと不安を感じる時に心の法則を思い出してね!

心の理想的な状態は「動物の心が無い」状態を指します!

少しは時間つぶしになりましたか?